読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金なんかあるかボケ

東京暮らしの貧乏人が副業スタート!月5万円の収益を目標に色々やります

ネット転売とリアル転売の決定的な3つの違い!

ネット見すぎてリアルが全然見れてないno_moneyです

ネット転売とリアル転売の決定的な違いについて、触れていきたいと思います!

いくぞ!!!

リアル転売は送料がかからない

当たり前だよね。はい

だけどこれが、めちゃくちゃ重要。

最近それをすごく感じます

理由は単純で

ネット転売だと数で勝負することが難しくなるから。

送料がかかれば、商品1つにつき数百円~数千円、売り上げから取られてしまう。

これがどれだけの違いになるか、計算してみる

1つの商品で500円の利益の物を1000個売ったとすると、50万円

ネット転売の場合、ここから送料を200円と想定して20万円。

利益の3分の1が送料ってことになる。

数を裁くってことは、安く仕入れて安く売ること。

500円の利益で想定したけど、実際はもっと低いかも。

その中でこの送料という損害は大きな壁になる

メルカリとか出品手数料も取るようなところだと、普通にマイナスになりうる。

 

ここからは考え方の違いかもしれないけど

リアル転売でも最初にお金がかかるけど、それは投資だと俺は思う。

もしリアルでやるなら、あらかじめ軍資金を用意して

出費がどれくらいになるか計算した上で始めると思う。

だけどこの送料は、割と想定してない出来事だったりする

小さい利益でやってくなら、ここの計算は必ず最初にしておくほうがいい

 

店舗の有無

店舗があるって、本当にすごいことだと思う。

一番わかりやすいのがコンビニ

スーパーだと80円で買えるお茶を、コンビニで130円かけて買う

なぜか。

近いから、そこにあるから、便利だから

「コンビニでいっか!」という妥協のような部分もあるかもしれない。

ハンバーガー食べたいな~って思ったとき、そこにマックがあったら立ち寄りませんか?

本が読みたいな~って思ったとき、そこにブックオフがあったら立ち寄りませんか?

お店があるって本当にすごいです。(2回目)

 

相手の顔が分かる

気持ちのいい買い物ってなんだろう?って考えたとき

俺の中で一番に来るのがこれ。

どんな人が売ってる物なのか、どんな人がその店で働いているのか

ECサイトとかでも、そういう雰囲気を大切にするような見せ方が多いね。

すごくいいことだと思う。

ただ、そういう宣伝って「購入したくなる」じゃなくて「来店したくなる」が正しい

いずれにしろ、結局は売り上げに繋がるだろうけど

人の顔が分かるって、購入側も販売側も重要なところじゃないかと感じてます。

 

まとめ

俺がやってるのはネット転売だけど

いずれはリアルでもやってみようかなって思ってます。

最初はフリーマーケットとかに出店してみたいな。

広告を非表示にする