読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金なんかあるかボケ

東京暮らしの貧乏人が副業スタート!月5万円の収益を目標に色々やります

メルカリ転売の限界 次のステップに進むためには! 前編

メルカリ転売はじめて1ヶ月ちょっと経ちました

そろそろ限界を感じています

 

なぜメルカリ転売は限界なのか

1.仕入れの安さ、量の多さ

メルカリでは300円~3000円の物が非常によく売れます。

本もその1つです

前の記事でも書いたんですが、とにかく安い物が売れる

高い商品はすーーぐ「値下げ希望!」とか書かれて居づらくなります。

安さで勝負する世界なので、数で勝負するしかないです

多少高くても、良い物だと多くの人が感じるものは、「いいね」がつきやすいです

俺は過去最高で1つの商品に70いいねがつきました

30超えたあたりから、もうわかったから買えよ・・・ってなる。

 

とにかく、安い商品は売れやすいですが高い商品は売れづらい傾向です。

ただ、メルカリで買って他で売るという手法ならアリかなと思います。

むしろ興味があります。

 

2.手数料の多さ

仮にあなたが、1つ200円の利益が出る商品の市場を独占したとしましょう

しかし!この手数料で泣く事になるでしょう(´;ω;`)ウゥゥ

400円で仕入れて800円で売ることで、400円利益を得られるとします。

そこから送料を差し引いて1つだいたい200~300円の利益

メルカリの手数料は10%なので、800円から80円も引かれてしまいます。。。

最初に書いた、安い商品で数の勝負が、とってもやりづらいんです。

 

次に進むためには?

このしがらみから抜け出すために、いくつか方法を考えてます

その中で一番の有力説がAmazon転売です!

 

なぜAmazon転売なのかは次回!!!!!!1

無在庫転売は今すぐやめろ!アマゾンの商品は全部俺の物なんダーーーーーーーーーー!!

無在庫転売、すこしやってみました

同業多すぎwwwwwwwwwwwwwwwww

結論から言うと楽に稼げると思う。

初心者も入りやすい

ただ、トラブルになったとき結構大変だと思う。

無在庫っていろんなやり方あると思うけど

自分を経由しないで商品を送るわけだから

商品の状態が分からない。

仕入れる事にリスクがあるのは仕方ないし、商売する上で当たり前だと思うけど

売る事に対してリスクや後ろめたさが少しでもあったら、良い気持ちで商売ができない。

 

だからやめました!

 

本当に商品が好きで商売したいなら、自腹切って在庫抱えてやれ!

無在庫転売はやめろ!

ネット転売とリアル転売の決定的な3つの違い!

ネット見すぎてリアルが全然見れてないno_moneyです

ネット転売とリアル転売の決定的な違いについて、触れていきたいと思います!

いくぞ!!!

リアル転売は送料がかからない

当たり前だよね。はい

だけどこれが、めちゃくちゃ重要。

最近それをすごく感じます

理由は単純で

ネット転売だと数で勝負することが難しくなるから。

送料がかかれば、商品1つにつき数百円~数千円、売り上げから取られてしまう。

これがどれだけの違いになるか、計算してみる

1つの商品で500円の利益の物を1000個売ったとすると、50万円

ネット転売の場合、ここから送料を200円と想定して20万円。

利益の3分の1が送料ってことになる。

数を裁くってことは、安く仕入れて安く売ること。

500円の利益で想定したけど、実際はもっと低いかも。

その中でこの送料という損害は大きな壁になる

メルカリとか出品手数料も取るようなところだと、普通にマイナスになりうる。

 

ここからは考え方の違いかもしれないけど

リアル転売でも最初にお金がかかるけど、それは投資だと俺は思う。

もしリアルでやるなら、あらかじめ軍資金を用意して

出費がどれくらいになるか計算した上で始めると思う。

だけどこの送料は、割と想定してない出来事だったりする

小さい利益でやってくなら、ここの計算は必ず最初にしておくほうがいい

 

店舗の有無

店舗があるって、本当にすごいことだと思う。

一番わかりやすいのがコンビニ

スーパーだと80円で買えるお茶を、コンビニで130円かけて買う

なぜか。

近いから、そこにあるから、便利だから

「コンビニでいっか!」という妥協のような部分もあるかもしれない。

ハンバーガー食べたいな~って思ったとき、そこにマックがあったら立ち寄りませんか?

本が読みたいな~って思ったとき、そこにブックオフがあったら立ち寄りませんか?

お店があるって本当にすごいです。(2回目)

 

相手の顔が分かる

気持ちのいい買い物ってなんだろう?って考えたとき

俺の中で一番に来るのがこれ。

どんな人が売ってる物なのか、どんな人がその店で働いているのか

ECサイトとかでも、そういう雰囲気を大切にするような見せ方が多いね。

すごくいいことだと思う。

ただ、そういう宣伝って「購入したくなる」じゃなくて「来店したくなる」が正しい

いずれにしろ、結局は売り上げに繋がるだろうけど

人の顔が分かるって、購入側も販売側も重要なところじゃないかと感じてます。

 

まとめ

俺がやってるのはネット転売だけど

いずれはリアルでもやってみようかなって思ってます。

最初はフリーマーケットとかに出店してみたいな。

フィギュア転売について思った2つのこと

最近少し気になっている転売が、フィギュア転売

正直、扱う金額的には次のステップに丁度よさそうだし

できたらウマいかな~なんて思ってます。

まだ参入していないけれど

フィギュア転売について思ったこと書きます。

 

違いが分かりづらい

たとえばこれ

 

 

 

 

全部同じだろ!!!!

敷いていうなら、真ん中のペコちゃんは台がちょっと色違い

なのに価格差がこんなにも違う

しかもこれ、結構売れてるんです。。。

 

本の転売でも、似たような事はあるにはあります。

本の下についてる売り文句書いてるびらびら(帯って言うらしい)

これがあるかないかで、売れ筋も価格も全然違ってきます

 

でも、ここまで細かい違いではない。

ほぼ同じ商品のこんな小さくて分かりづらい違いで、ここまで差額が出るカテゴリーは他にないと思う。

それを見極めて売買しなきゃならない

これは、本当にフィギュアが好きな人にしか向いてないな・・・と思いました。

 

 

売るきっかけを作りやすい

さっきはメリットを話しましたが、今度はメリットの話です。

フィギュアが欲しくなるタイミングって

他と比べてかなり多いんじゃないかなって思います。

 

実物を見たときが、これ欲しい!ってなる最高のタイミングだと思うのですが

フィギュアはそれに留まらず

映画の上映決定、アニメのドラマ化、ゲームの発売日

こんなタイミングでも、欲しくなるきっかけになるんじゃないでしょうか。

 

きっかけが多いってことは、その分売れやすいです。

そして、他に比べて分かりやすい情報だけで、売るタイミングを計れるので

情報収集にもそこまで困らないんじゃないかなと思ってます。

 

 

 まとめ

まだやったこともないし、詳しい訳でもありませんが

個人的に思ったこと2つです。

もし俺がフィギュアに関する知識たくさん持ってたら、間違いなくやってます

フィギュアに詳しい人がうらやましい。

転売で月5万円利益を出すために考えている事 2017年3月25日現在

 ブログのタイトル説明にもあるように、俺の目標は月5万円の利益

どうすればこの利益を出せるようになるか、考えながら行動しています。

 

本の転売、せどりは軍資金を増やすための手段でしかない

 今後ネックとなりそうなことは、商品選びです。

 今は本の転売を覚え始めたので、それを使って稼ぎを増やしていこうとは思っていますが

月5万という数字に対して、本は現実的じゃないかな・・・なんて考えてます

 

見てる限りですが、本で出せる利益は、多くて1冊800円くらいです。

てことは、1ヶ月で60冊、800円の利益が出る本を見つけなくてはいけない。

これは至難の業です。。

 

1つの商品で高い利益を生むためには、必然的に原価も高い商品になってきそうです。

そのための資金を、本の転売で作っている感じです。

 

これからやるべきこと

まずやるべきなのは売る事、高い原価で高い利益を産める商品を探すことですが

これからについては、どうすればそれらを効率よくこなせるようになるかを考えたり

そういった物を編み出すことだと思います

 

俺はたまたまプログラミングをやってるので

自分用になにか作ってみたいと考えてます

 

そうするためには、自分と同じ転売をしている人が

どんな事に悩んだり大変さを感じていて、それをどんな風に改善しているのか

そういったいろいろな声を聴いてみたいので

転売してる人のブログがあれば、じゃんじゃん見に行こうと思います!

 

 

やることがまだ完全に集約されてない感じだけど

とりあえずがんばろう

今日も本屋に行ってきました

はい、行ってきました!

転売用に2冊買いました!

 

で、それとは別に買った本がある。

 

ウェブに夢見るバカ ―ネットで頭がいっぱいの人のための96章―とか言うふざけたタイトルだったから、まぁどんな事書いてるんだろう程度に、立ち読みのつもりで手に取った

 

俺の立ち読みは3秒で、適当にめくってすぐ棚に戻す

なんでこんな事やるかって言うと、変化が欲しいからだ。

 

今二番目に欲しいのが新しい発想

当然、一番は金だけど!!!!

 

実は本のせどりなんて最初は考えてなくて、発想を求めに来てたんだ

だけど実際、パラパラってページめくってみても

頭に電流が走るほどの本と出合えません。。。

 

これもまあダメ元で、めくってました。

 

 

タイトル「探し求める者たち」 

 

 

びりびり!!!!!!(本を破く音ではない)

 

 

これだ・・・

気が付いたら夢中になって読んでました。

 

更に文章はこう続いた

 

出発した場所にたどり着いて

初めてその場所を知るだろう

 

 

びりびりびりびり!!!!!!!!(服を破く音)

 

 

久しぶりに電流走る感覚をおぼえた

タイトルでびりびり!っと来ると、もう止められないよね・・・

 

二番目に欲しかったものが手に入った気がした日でした

 

古本せどりは終わっていなかった!ブックオフに現れた『漫画せどらー』から学んだこと

ブックオフ古本市場で流行した「せどり

古本ショップは、彼らの為にいろんなせどり対策を講じている

俺は正直、乗り遅れてしまったと思っていた。

 

しかし!!!

あろうことか、大量豊富な本をカゴに入れ

スマホをいじりながら商品を選んでいるオッサンがいた!

 

漫画せどらーの彼との出会い

俺はここ2週間ほどブックオフに通っていたが

彼を見たのは初めてだ。

 

彼は漫画コーナーを縦横無尽に歩きまわり

時に大量の本が詰まったカゴを「ドスン!」と自らの横に置き、本を選ぶ

 

驚いたのは、商品選びの速さ。

 

大量にある中から適当に一冊手に取ったかと思えば、カゴに入れる

棚の一部を、ごっそりカゴに詰める事もあった。

 

俺がブックオフに行くのは、会社の休憩中である1時間のみだが

昨日はその1時間をフルに、彼の監視に使った。

 

彼は先に帰ってしまい、その後すこし本棚を見たが

ガラッガラになっている棚がかなりあった。

 

漫画せどらーの残した爪痕

そして今日

行きつけのブックオフに行くと

なんと店員が、漫画コーナーで新しい本を並べていた!

 

すぐに分かったのは、棚が元に戻っていたことだ。

俺は昨日彼が漁っていた所で、新しく追加されたであろう本をその場で調べ始めた

 

すると・・・

 

 

明らかに売れている本だ。

数種類ほど調べたが、売れ行きの良さそうな本をいくつか発見することができた

 

彼がこれと同じ物を購入したという断定はできないが

その残された爪痕から、多くを学ぶ事ができた。

 

 

ありがとう漫画せどらー!